商品スタッフIIのデータについて

ここでは、商品スタッフIIの読み書きするデータについて説明します。データのセーブ、移動等の際の参考としてください。

ファイル拡張子を表示します

その前にファイルの拡張子を表示するようにしてください。Windowsのデフォルト設定ではファイル拡張子が表示されません。

Windowsのファイル拡張子を常に表示するを参照してください。

データベース

スタンドアロン版、ネットワーク版で共通です。商品スタッフIIリリースの解凍されたディレクトリ内に「GSDB.FDB」というファイルが作成されます。

これが商品スタッフIIの読み書きするデータベースであり、後に述べる若干の設定ファイル類を除き、すべてのデータが含まれます。

これはスタンドアロン版の例ですが、ネットワーク版では、同梱されているものがalone.jarではなくserver.jarというファイルになります。

また、商品スタッフIIを起動すると、設定ファイルやtemp等が自動生成されますが、それらは一時的なものであり、失われても構いません。

基本的にはGSDB.FDBファイルが失われないよう、バックアップを行うように注力してください。

スタンドアロン版・ネットワーク版ともに、クリックでバックアップを行う機能がありますが、特にスタンドアロン版1.40とFirebird2.5の組み合わせでは動作しませんのでご注意ください。

※GSDB.FDBを通常のコピー操作でバックアップする際には、商品スタッフIIが完全に停止していることを確認してください。商品スタッフIIが動作したままですと、GSDB.FDBへの読み書きの最中かもしれません。このときには、コピーとして作られたファイルが破損状態の可能性があります。

スタンドアロン版起動設定ファイル

スタンドアロン版では、alone.configというファイルが作成されます。

これはスタンドアロン版の起動設定内容を保持しているファイルです。このファイルが失われた場合には、次回起動時にこの部分が初期値になります。

ネットワーク版起動設定ファイル

ネットワーク版ではserver.propertiesというファイルが作成されます。

これはネットワーク版サーバコントローラの起動設定を保持するファイルです。失われた場合には、次回起動時に初期状態(何も無い状態になります)

端末が読み書きするファイル

商品スタッフIIでは、GSDB.FDBが最も重要なものです。それ以外のファイルが失われても復旧することは比較的容易です。

以下では端末機能が読み書きするファイルについて説明します。この場所としては、スタンドアロン版・ネットワーク版で共通で、

C:\Users\ユーザ名\.gs

になります(gsの前にドットがあります)。以下の例でのユーザ名はadminです。

スタンドアロン版の場合

スタンドアロン版では、.gsの直下にwbounds.propertiesというファイルが作成されます(内容は後述)。

ネットワーク版の場合

ネットワーク版では、SVR-サーバ番号の下にintTerm.properties、wbounds.propertiesというファイルが作成されます(内容は後述)。

サーバ番号とは、データベースを初めて作成したときにランダムに設定される番号で、先のGSDB.FDB内に格納されている数字です。この例では333444ですが、実際にはより大きな数になっています。

端末書き込みファイルの内容

wbounds.properties

ここには、端末プログラムの各画面のウインドウ位置とサイズが格納されています。例えば以下のようなものです。

#Mon Sep 03 22:44:26 JST 2018
WINDOW-df7bbbd3301aa88e=402,169,1440,770
WINDOW-2efd22fcf12460a7=253,253,1440,770

このファイルが失われた場合、次に画面を表示したときに、そのサイズと場所が初期値で表示されるだけです。そして、ユーザが画面の位置とサイズを変更したときには、再度、このファイルが生成され、値が書き込まれることになります。

intTerm.properties

ここにはネットワーク版端末PCの端末レコード番号と識別キーが書き込まれます。

#Mon Sep 03 22:44:10 JST 2018
identKey=8488841218446174240
terminalId=7036874419099866

最初にPCにおいて端末プログラムを起動したときには、登録済端末レコードのいずれかを選択しなければなりませんが、いったん選択すると、このファイルにその選択端末レコード番号が書き込まれます。

同時に、選択時にランダムに生成された数値が、このファイルとGSDB.FDB側に書き込まれます。これにより、サーバ側と端末PC側の両者において、端末PCと端末レコードの結びつきを確実にし、次回の端末起動時に自動的に端末レコードを選択します。

このファイルが失われた場合、単純に端末レコードを選び直すだけです。つまり、端末PCを、どの端末として使うかを選ぶだけです。逆に、端末レコードを選びなおしたい場合には、このファイルを削除してしまってください。