ホームセンター

商品スタッフⅡの現場(NW版)

 

(株)伊集院   鹿児島県ホームセンター様

このお客様は鹿児島県内にあるホームセンター様で、商品スタッフⅡ導入一号店です。現在でも商品スタッフⅡの機能追加等にご協力いただいています。

hc_regi1

レジパソコンです。一般的なパソコンに、レシートプリンタ・カスタマディスプレイ・ドロワを接続しています。売掛伝票等の印刷にはA4のレーザープリンタを使用しています。

 

このお店では以前、他社製のパソコンPOSレジソフトを利用されていましたが、それらの機材をそのまま商品スタッフⅡで利用しています。

 

このほかに二台のレジ用パソコンがあり、管理用パソコンとしては7台程度のパソコンを利用されています。一口にホームセンターと言っても、DIY用品や家具だけではなく、生鮮食品以外はあらゆる商品を取り揃えています。

ご主人いわく、「地域の便利な店」を目指しているそうです。
 

現在のところ、登録商品アイテム数は48,000件、常時在庫アイテム数は30,000件の規模となっています。

 

またご主人いわく「うちのような規模の店では、通常は事務員が三人必要だが、一人も雇っていない」とのこと。主には、ご主人と奥様で商品管理・発注・仕入等をこなされています。

hc_floor1 hc_goods2 hc_goods3

このお店では、現在の商品スタッフⅡの全機能を利用されています。そのすべてをここではご紹介しきれませんが、ご了承ください。

hc_stock1商品スタッフⅡではリアルタイムに在庫を管理していますから、いつでも倉庫から店頭への在庫補充指示を出すことができます。

おかげで、年末の繁忙期には非常に助かっているとのこと。また、入荷中に店頭在庫不足があれば補充指示を自動で出しますので、いったん倉庫に入れるなどの無駄が省かれます。

 

システム構成としては以下の図のようになります。すべての機能はリアルタイムで連携しています。

hc_figure

 


 お客様の声

    • オフコン出現の頃よりシステム化を開始、「商品スタッフⅡ」で第7次システムとなります。
    • これまでのシステムとの大きな違いは、機能面では同じかそれ以上の統合システムでありながらシステム専属スタッフが必要なく、システム運用コストが削減されたことです。 うちでは地域密着型店として在庫管理は重要で数量の正確さが求められますが、「商品スタッフⅡ」はそれだけではなく使いやすさも備えています。
 
    • 登録商品数48000件の分類も、木構造の見やすさとドラッグドロップ操作、複数商品の属性を同時変更できたりと、使い勝手のよさで商品整理がとてもラク。
    • 発注~仕入の流れ、仕入~陳列~配送の流れもとても一貫しておりスムーズ。
    • パソコンPOSレジは納品書/請求書の自動発行、特売価格の自動反映などきめ細かく便利で、操作性も良く使いやすい。
    • 売り掛けでは詳細な請求書発行により以前と比べ顧客からの問い合わせがなくなったし、入金消し込みも伝票単位で出来るので正確に消し込むことができ、大変便利になった。
    • 集計は、自分で作成した分類ごとにも行うことができるしグラフも各タイプ選べるので確認したいことがひと目でわかる。自分の勘と実際の数値データの違いから、思い込みに気付き方針を変更することもあるほど「商品スタッフII」の数値データは信頼度が高い。