ポリシー


製品ご利用に当たって

弊社は、真面目にがんばっている小売店を応援します。起業したお店、お客様と対面販売を大切にしているお店、地域にかけがえのないお店、そういったお店を「商品スタッフⅡ」で応援していきたいと考えています。

皆様に安心してお使い頂くため、お約束事がございます。ご承知いただいたき、製品のご利用をお願いいたします。

※製品ご利用には、まず商品スタッフⅡVer.2ヘルプを、よくお読みいただきますようお願いいたします。(旧製品V1は年内終了です。)

コンプライアンス対応

1.コンプライアンスの遵守

弊社製品「商品スタッフⅡ」の性質上、旧製品を含む全ての弊社製品に対して、法令遵守および企業倫理に則った開発、販売配布、ご使用、サポートが求められます。「商品スタッフⅡ」ご使用には、このコンプライアンスに違反しないことを前提とします。

ご不明点は弊社へ お問い合わせ くださいますようお願い申し上げます。弊社でお答えできない場合は、関係機関へ弊社より問い合わせを行った上で後日、回答させていただきます。

2.ソフトウェア利用許諾契約

弊社製品のご使用、ご利用にはまず、クリプトメディア・ソフトウェア利用許諾契約の承諾が前提です。(ソフトウェアのインストールをもって承諾とみなします)

ライセンスとライセンス契約(旧製品含)

 1.製品ソフトウェアの権利について

商品スタッフⅡは全製品ソフトウェアについて弊社(有限会社クリプトメディア)が、著作権、その他の権利を全て保有しています。ご利用(試用含)には(クリプトメディア・ソフトウェア利用許諾契約)承諾(前同)が必要です。

2.ライセンス契約

※ 製品IDとはクリプトメディア製品の、製品識別記号です。

  • 弊社とのライセンス契約により製品使用利用ができます。(試用期間は、試用ライセンスです)
  • ユーザライセンス取扱い期間内の製品を対象とします。
  • ライセンス契約は、1製品IDごとの販売配布に対し、開始、終了、契約内容の変更(有料製品)を月単位でおこないます。利用許諾契約遵守は、有料製品、無料製品ともに同じです。
  • ライセンス契約当事者は「ユーザ登録者様」となります。製品ご使用は、当事者様に限ります。ユーザ登録は「クリプトメディアライセンス発行サイト」にておこないます。
  • 有料製品は、料金お支払いをもって弊社とユーザ様のライセンス(販売)契約成立となります。料金とは「料金のご案内 システムライセンス料金」使用基準ご利用コース料金です。
  • 料金のご案内「システムライセンス料金」による、ご利用コース使用基準でのライセンス発行となります。
  • サポート内容によって、サポート他者(社)にもライセンス契約が必要となる場合があります。(お問い合わせください)
  • ライセンス契約の必要な未契約期間については、遡ってライセンス契約をします。

3.ライセンス(ユーザ)共有の禁止

  • いかなる方法においても、1ライセンス(1製品)の複数法人、個人での共有使用はできません。
  • また1契約者において使用基準外の端末で製品を動作させることはできません。(基準外端末には、弊社へ通知のない、いわゆるサポート者(社)の端末も含まれる場合があります。)
  • 使用基準外の使用は、全て弊社へお問い合わせが必要です。意図しない違反もありますので、まずお問い合わせをお願いします。

ライセンス販売

  • ライセンス販売は有料製品ソフトウェア使用権(ライセンス)を、月単位で対価をとって使用利用を認めるものです。ソフトウェア権利者である弊社以外では、販売できません。
  • 販売は、使用利用者が明らかな場合のみ行います。
  • 全製品は、製品IDを識別記号としてもちますので、ライセンス販売も製品IDごとになります。
  • また、機能の多少にかかわらず、一定の製品操作にはライセンス契約が必要です。
  • ライセンス販売は、インターネットを介して弊社専用の「ライセンス発行サイト」 にて行います。その他の販売はネット上も含めて一切ありません。
  • 他社による製品の配布、コピー製品の販売その他、製品プログラムに対し、弊社の著作権を侵害する行為はできません。(クリプトメディア・ソフトウェア利用許諾契約)
  • 弊社へ支払われるべき対価が発生し、未払いの場合は、関係するユーザ登録された使用利用者へ請求することになります。
  • 一度受領したライセンス料金は原則として返金いたしません。

※ライセンス確認(重要)

※弊社側システムとユーザ様サーバがインターネット接続し、ライセンス状態の確認を行います。ライセンス確認が行えることが契約条件です。

  • ライセンス確認できない場所、設定でのライセンス契約はできません。
  • 弊社側でライセンス確認ができない場合、試用段階で弊社からの問い合わせをします。
  • ライセンス契約、料金受領後も、ライセンス確認できない環境下での継続した製品使用があり、問い合わせも不可能な場合、弊社側の判断により使用利用停止とします。
  • ライセンス確認不可、問い合わせ不可、による使用利用停止の場合は、弊社側の責任(ユーザ様への損害等)は一切ありません。料金の返金もありません。

製品(ID)数と、店舗数

1.使用基準内でご使用ください

  • 使用(利用)機能数にかかわらず、1製品使用(利用)となります。
  • 料金のご案内による、使用基準端末数コースから選択してご使用下さい。サーバ+端末で構成されたシステムを一つのLAN内で使用します。一つのシステムを、インターネットを経由し使用利用することはできません。
  • 1店舗で複数の製品IDを作成して、商品スタッフⅡを複数系統で使用することは、できます。

2.製品(ID)共有の禁止

  • 1製品IDを複数の法人個人で共有すること、また、同一法人個人であっても、契約コース外端末で使用や利用は(契約数超過、同一LAN外)できません。
  • 画面共有アプリその他使用等で、同一LAN外の端末上で同じ製品を動作させること。同一LAN外であれば、別系統のライセンス契約が必要です。これはサポート使用でも該当しますので、サポート通知の際にお問い合わせ下さい。
  • 法令に反した製品共有使用(利用)がある場合は、直ちに製品使用停止です。

※旧製品(V1)のユーザライセンス終了について

※有料製品(V1ネットワーク版)、無料製品(V1 旧スタンドアロン版)各リリース版・開発版、全てを旧製品とします。ユーザライセンス期間は2019年内(詳細期日未定です)で終了となります。

  • ユーザライセンス期間終了後の製品は、当然ですが、ライセンス契約できません。
  • ライセンスがない製品に対する弊社からのサポート(配布、販売その他全て)はありません。同時に他者(社)によるサポート、製品販売、配布等がもしあれば、全てライセンス違反になります。
  • V1ユーザ様へは、旧製品ユーザライセンス終了までに、V2製品への移行をお願いしております。ご負担をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。
  • ユーザライセンス終了後も旧製品の使用利用ご希望の方は、事前に必ず弊社までお問い合わせください。

データその他の不具合への対応

商品スタッフⅡを使用中発生した「データその他の不具合」については、以下の条件のもとで確認後、弊社責任の範囲内で対応をいたします。

  • 契約ユーザ様の使用データであること。
  • 製品ライセンスが有効であること。
  • ライセンスサイトのユーザ様ご登録情報(現在のもの)すべてが正しいこと。
  • 弊社製品のご使用基準にて、使用されていることが弊社側で確認できること。
  • その他違反がないと認められること。

「お取引データ」取扱ご注意

商品スタッフⅡを使用して日々作成される「お取引データ」は、ユーザ様の管理下に置かれています。たとえ開発した弊社でも、ユーザ様からサポート依頼がない限り、直接関与できるものではありません。また最近は、特に情報データ管理が課題となっており、弊社としても、商品スタッフⅡの管理については、慎重な対応をお願いする次第です。

  • 取引発生場所、売上などの取引登録等「お取引データ入力」は、全てユーザ様側の責任となりますが、「商品スタッフⅡ」を使用し販売取引を登録する際にはコンプライアンス遵守をお願いいたします。
  • 画面共有、リモート操作可能なアプリなどを使用しますと、複数の、不特定な場所からアクセスできてしまいます。これは便利な反面、「全データの信頼性の確保」「セキュリティの確保」「個人情報の流出防止」など課題も多く、ご使用には十分ご注意下さい。
  • 他社(者)様へユーザ様からサポートを依頼される場合も、同じく、サポート方法についてはご確認ください。
  • ご不明の点は弊社へ お問い合わせ 下さい。

他社(者)によるサポート(製品利用)について

製品使用、利用条件

1.コンプライアンス遵守

弊社製品のサポートを他社(者)様にて行うには、クリプトメディアソフトウェア利用許諾契約承諾と、ポリシーの承認、実行が必要です。同時に、顧客からの依頼、サポート内容の承諾も前提となります。

これは、商品スタッフⅡがPOSレジ販売管理システムという製品の性質上、弊社も含めコンプライアンス遵守が求められるからです。プロの皆様は十分ご承知と思いますが、ユーザ様の「データの取扱い」「個人情報の流出」「売上等、取引登録について法令遵守」「セキュリティ」等すべての事へ、責任のもてる法人個人様に限ります。

弊社では、「商品スタッフⅡ顧客サポート」ご希望の法人個人様へは、以下お願いいたします。

2.弊社への通知

  • サポートを行う法人個人様は、弊社へメールにて、法人名、個人名、住所、電話番号、を必ず書いて、弊社へメールでの「サポート内容の通知」が必要になります。
  • 匿名(ライセンスサイトへのログイン情報、メールアドレスのみは不可)で弊社製品のサポートを行うことはできません。
  • サポート内容通知にはユーザ様名(顧客)も必要です。ユーザ様は別途、弊社ライセンス発行サイトにて、「ユーザ登録」をお願いいたします。
  • リモートサポートの場合、ユーザ様からリモートサポートへの許諾も必要となります。

3.サポート内容の制限、停止

  • サポート対象製品は、弊社からライセンス発行中製品です(試用ライセンスも含まれます)。ライセンス終了製品(旧製品=年内終了予定)のサポートはライセンス違反となります。今後はV2サポートを前提とします。
  • V1V2とも、ユーザライセンスのない製品サポートはできません。また、ユーザタイトル「クリプト回収済」等、記されている製品(ID)は使用できません。
  • ユーザライセンスのない製品IDの、復活については、ユーザ様から弊社へ直接依頼により弊社側にて行います。
  • 可能なサポート内容は、V1V2弊社規定の製品利用形態(料金のご案内にある使用基準コース)における顧客サポートに限ります。
  • 顧客からの依頼の有無にかかわらず、V1V2ともに弊社製品使用基準外サポートはできません。基準外のシステム構築に勝手に弊社製品を利用することはできません。現状でそのような使用があれば、すぐ使用基準に変更する(契約する)か、すぐ使用をお止めください。
  • V2は、V1とは製品の扱い方が異なります。御注意下さい。
  • サポート方法で「リモートサポート可能なアプリ使用」を予定している法人個人の方はユーザ様の承諾も必要となります。
  • 「リモート操作によるサポート」は必要時のみ行えます。(非)常時接続。
  • 同サポートで、「商品スタッフⅡシステムの端末の一つ」となりうる使用はライセンス契約上できません。(ポリシー:製品ID数と店舗数 )
  • 同サポートが、弊社との調整なく無断で行われた場合は、その期間中ユーザ様と同ライセンス料金が発生します。
  • 同サポートが、悪質であると弊社が判断した場合は、予告なく製品利用停止となります。
  • その他、禁止事項に触れるサポートはできません。

サポート料金について

  • 他者(社)様が、顧客の依頼によりライセンスサイト登録や、システム初期設定、トラブル解決などのユーザサポートを行い対価を得ることについては、問題ありません。
  • これまで(旧製品V1サポート)同様、V2サポートで弊社へお支払いはありません。(ライセンス料は、弊社とユーザ様のライセンス契約上の契約金です。)
  • サポート契約はユーザ様とサポート法人個人様との直接契約ですが、弊社製品の使用利用が前提となる為、企業倫理に反するなら弊社が使用を認めません。

禁止事項

  • 弊社は、自社開発製品のライセンス販売を事業収益として営んでおります。弊社の収益を損なう内容で、他者(社)が弊社製品使用利用することは、当然認めません。(利用停止)
  • ライセンス確認ができない使用利用形態。
  • ユーザライセンスが無い製品(終了後の旧製品、その他)の製品サポート顧客サポート。
  • 弊社へ通知のないサポート、サポート内容を偽ることのすべて。
  • 使用基準外での使用を目的としたサポート(製品利用)は、顧客依頼であってもできません。V1V2ともに現時点でできません。(さまざまなリスクがあり、最終的に顧客の損害となります。)
  • その他、ユーザ様への損害(データを含む)のおそれがある、製品利用のすべて。
  • 弊社への損害行為すべて。無断で、製品の配布、販売を行うことのすべて。その他製品プログラムに対し、弊社の著作権を侵害する全ての行為。クリプトメディアソフトウェア利用許諾契約 )

 

状況に合わせて、必要なポリシー内容更新を行います。よろしくお願いいたします。

有限会社クリプトメディア

 

前へ:お問合せについて