レジスター機能

 

※本機能はスタンドアロン版、ネットワーク版共通です。


そのレジでご満足ですか?


 

レジは「売上登録をするだけのもの」との先入観にとらわれてはいませんか?せっかく大掛かりなシステムを導入しておいて、レジは「売上登録だけ」ではもったいないのではないでしょうか。

customers

 例えば、顧客からの要望として次のようなものはないでしょうか。

  • 不具合があるので返品したい。レシートは捨ててしまった。
  • 配送してもらいたい。
  • 持ち帰ろうとしたが車に入らないので、やはり配送してもらいたい。
  • 配送を頼んだが、すぐに欲しいのでやはり無理にでもマイカーで持って帰りたい。
  • **という商品はあるのか?4個欲しいのだが、在庫はあるか?
  • **という商品がなければ注文したい。
  • 売掛にしてもらいたい。
  • 昨日売掛で買ったのだが、お金を持ってきた。
  • オフィス家具のカタログを貸して欲しい。

取り扱い商品やお店の方針によっては、以下が必要になります。

  • 小数点付の数量や販売価格を使いたい(特に量り売り商品)。
  • 長期売掛未回収の顧客には売掛ができないようにしたい。
  • ポイント発行サービスを行いたい。

ほかにも、顧客のいない間にレジ担当者のできる作業はたくさんあります。

  • 陳列商品の賞味・消費期限が切れてないか?
  • キャッシュドロワーの現金額がシステム上の合計と一致しているか?
  • つり銭の入金金額を登録したり、水道・ガス料金等をレジの中から支払いたい。

商品スタッフⅡで、POSレジはこうなります!


 

regis

以下、レジスター画面上部の機能タブごとに解説していきます。

 

レジ/レジスター

画面を一見すると複雑そうですが、通常の「現計」の場合の売上登録操作は簡単です。

  • バーコードスキャナで商品をスキャン。数量は1となる。
  • 数量変更があれば、テンキーで数値を押してF8キーを押す。
  • すべての商品登録が終わったらEnterキーを押す。
  • テンキーでお預かり金額を押してEnterキーを押す(ちょうどの場合はEnterキーのみで可)。

このように最低限の操作で現計販売を行います。また、商品の登録(あるいは数量変更)ごとにカスタマディスプレイにその内容が表示され、完了時にはレシートプリンタにてレシートが発行されます。

レジスタータブでは上述の現計のほかに以下の操作をすることができます(※現在はさらに機能追加されています)。

  • 商品登録行ごとの売価変更
  • 商品登録行ごとの値引・割引
  • 小計行を作成しての値引・割引
  • 小数点付数量の指定(あらかじめ商品設定が必要、小数点以下2桁まで)。
  • 商品登録行を指定して、その商品情報の閲覧(現在庫数量、入荷予定数など)
  • 商品登録行ごとの、持帰・配送・顧客注文(在庫無し商品の注文受付)指定
  • 電話番号や顧客コードからの顧客の指定
  • 売掛販売指定とブラック顧客(長期売掛未回収顧客)の警告
  • 売上登録の保留(前のお客様への販売を中途で保留し、後のお客様の販売を先に行う)
  • 現金以外の金種の入金(あらかじめ登録しておくことで任意の金種に対応)、あるいは顧客の保持するポイントからの入金
  • 商品名の一部を指定して検索した商品の登録(JANコードが読めないときや、在庫の無い商品)
  • 特売価格の自動ルックアップ(あらかじめ設定した特売情報の売価を自動表示)
  • 納品書・納品請求書の印刷(A4版プリンタ)
  • 配送伝票の印刷(A4版プリンタ)
  • カードリーダなどの特別な装置無しに顧客へのポイント発行
goodsinfo

売上登録中に商品の在庫数量・入荷予定数量などを閲覧できます。

 

 

 

 
状変/販売状態変更

販売商品の「状態」を簡単に変更します。「持帰」で販売した商品を「配送」指定することで、その商品が「引当」状態になります。「引当」状態は配送指示となりますから、配送担当者はただちにその準備をすることができます。逆に「配送」指定での販売を「持帰」に変更することができます。この場合には「引当」が削除されます。

顧客がレシートを無くしてしまっても大丈夫です。商品のJANコードを読み込ませれば、他のレジも含むその商品の販売履歴を検索しますから、ただちに取引の特定ができます。

返品/返品

商品の返品操作を行います。この際、販売取引履歴を特定しますので、その商品の販売時に値引・割引・特売を行っていても、販売時金額と同じ額を返金することができます。また、売掛や売掛時の一部入金有無によっても自動で返金金額を決定します。顧客がレシートを無くしていた場合も「状変」と同様に、商品自体から販売履歴を特定することができるので安心です。

実際の当社お客様の例ですが、店に陳列してある商品をレジに持ってきて、「レシートは無くした。返品したい」という不正があったそうですが、そのような不正を未然に防ぐことができます。

return

 

履歴/取引履歴

当該レジか全レジかの指定、本日か他の日付かの指定をしてすべての販売取引・返品取引の履歴を一覧することができます。

入出/入出金

つり銭入金をしたり、お店の電気・水道料金やその他の支払いのために出金したことを記録します。

掛入/売掛入金

売掛販売取引について、顧客が現金等を持ち込んだ場合にそれを入金します。銀行振込などによる入金については、レジ機能とは別途の画面になります。

集計/売上集計

このレジの、その時点での集計表を表示します。販売取引数、全売上、客単価平均、値引・割引額合計、返品取引数、返品商品総額などです。

残高/残高

レジにあるべき現金類(あらかじめ登録された任意の金種を含む)の残高を表示します。これは、売上のほかに入出金機能によって入出金された額が加味されています。

期限/消費・賞味期限管理

店頭陳列商品のうち、特に消費・賞味期限管理が指定されているものについて、猶予期間内・期限切れ等の表示を行います。猶予期間は、例えば「期限前30日間」などとあらかじめ指定します。この猶予期間内の商品について安売り等をすることにより、期限前に売り切ることができます。

limit

 

 
貸出・返却

オフィス家具カタログ、特殊な工具、さらには持ち帰り用トラックなど、無料の貸出品を管理するためのものです。

※本格的なレンタル業等には対応していません。貸出を有料とするには、別途売上登録を行う必要があります。


ここに注目!


 

で説明しましたように、商品スタッフⅡではレジで発生したデータがただちにサーバに送られ、逆にレジからはすべてのサーバ内データを参照することができます。ですから、これまでのレジでは実現できなかった操作を行うことができるのです。

また、レジパソコンのハードウェアが故障してしまっても心配はいりません。新しいパソコンを購入してセットアップするだけで、故障したパソコンと「同じレジ」として扱うことができます。データはすべてサーバ内にあるため、新しいパソコンに故障したパソコンの「端末番号」を与えればよいのです。