V1スタンドアロン版に関するご注意

V1スタンドアロン版に関するご注意

「データ損壊」リスクのある「使い回し」使用について

商品スタッフⅡは「料金のご案内」にあります端末数を、1店舗ごとに1製品単位で、決められた利用形態下で使用することで、毎日お店の販売取引データを安定して作成、安全な保存ができるように設計、開発されています。

「データ」、この作成された販売取引データの蓄積こそ、店舗様の最重要財産、資産と弊社は考えて開発してきました。正確な管理を最優先としてです。

ところが、使い回しの「裏ワザ」のような使用形態を耳にします。スタンドアロン版の使用形態は弊社側では全くわかりません。したがってこれまで放置されていたことです。使い回しは経費の節約方法でしょうか。しかしこれを続けられますと、いつか「データが損壊」するリスクがあります。

実際に、弊社に対し「データが壊れた」泣きつかれたこともあります。商品スタッフⅡをサポートしていた業者が逃げて、困った顧客から電話があった事例もあります。弊社も困りました。

このようなリスクを店舗経営者様はご承知なのでしょうか? ゲームソフトではないので、安易な使い方はやめて下さいますよう開発会社としてお願いいたします。

マナー違反について

スタンドアロン版公開と同時に、ご自身でのご使用に限ること、第三者へ配布、販売することはできないと、お断りしてきました。そのため、今後は以下のような対応になります。

無料期限終了後も、スタンドアロン版、ネットワーク版(Ver.1)を販売・配布したりといったケースにつきましては、遡って有料とし、同時に商品スタッフⅡ使用をお断りいたします。

  • このような弊社製品の扱いがあれば、すぐに弊社までお知らせ下さい。

立派な法人様。スタンドアロン版を複数起動し何らかのシステムを構築し、対価を受け取り事業目的に使用すること。これは、弊社のスタンドアロン版無料公開の考え方、目的とは無関係です。弊社は、ライセンスには当初から神経を使ってきましたが、こうした法人様は、小さい会社のライセンスなど気に留めない構えです。

  • 小さな会社のソフトウェア開発はとても大変な作業です。対価を取り事業で商品スタッフⅡを使用する場合は、スタンドアロン版であれ、ライセンス料をお支払いください。今後も商品スタッフⅡを使用する事業者の方はVer.2へ更新して下さい。

前へ:V1開発版について   上へ:旧製品(V1)   次へ:料金のご案内