商品スタッフII Ver.2 更新履歴

こちらには、商品スタッフII Ver.2リリース版(2019/05/07正式リリース)の更新履歴を記述していきます。

プログラムの更新前に必ず、商品スタッフII V2ヘルプマニュアル プログラムの更新 をご一読下さい。更新失敗時に備え、対応方法が記述されたページを開いたままにしておいて下さい。

最新バージョンへのプログラム更新は、端末画面>サーバタブ>プログラム更新 からです。(同>>ライセンス状態>ライセンス更新実行ボタン からではありません。)更新には30秒~数分間かかります。この間、商品スタッフIIの全機能が停止し一度、画面が消えますが正常動作です。

※既知のバグと改良予定はこちらです。

R2.19.10.21

本バージョンは、主にバグ調査機能・データベース修正機能等の開発用ツールの追加になります。

  • データベース関連機能他でエラーが発生した際に、エラーログが正しく出力されていない点を改良しました。
  • システムタブ>ツール>スクランブル機能を追加しました、これは弊社側にデータベースをお送りいただく際に、主に個人情報流出等を避けるため、あらかじめこれらのデータをランダムなものにしてしまうものです。この機能は必ずバックアップで使用してください。データ内容がデタラメなものになります。
  • システムタブ>ツール>SQL更新機能を追加しました。何らかのデータベース障害が生じている場合に、弊社側からの指示により、それを修正していただく機能です。個別に指示させていただくまで使用しないでください。

R2.19.10.12

  • これまでの改良点・機能追加をヘルプに記述しました。
  • 商品抽出>基本1>JANヘッド選択を行っても、入力したコードが表示されない点(動作は正常です)を修正しました。

R2.19.10.08

  • 仕入タブ>発注処理(通常発注)の商品抽出において、発注点割れ商品が大量に存在すると、抽出画面表示時にデフォルトの「利用可」選択によって、すべての商品が選択されてしまい、これに多大な時間がかかる点を改良しました。何かしらデフォルト以外の条件を選択しないと発注対象としないようにしました。
  • 同画面で、条件を素早く変更するとタイミングによってはエラーが発生する点を改良しました。この場合、上部の「該当数」が一時的に「計算中」という表示になります。
  • レジスター画面のポイントタブにおいて、追加その他の操作時に印字されるレシートに日時と担当者を印字するようにしました。

R2.19.10.05

  • スター精密TSP100レシートプリンタのサポートを改善しました。スター精密TSP100をお使いの方へをご覧ください。
  • 仕入タブ>入荷検品の新規入荷の入荷商品一覧に、「売上(込)」に加え、「売上(別)」を表示するようにしました。

R2.19.10.03

  • リソースリークを解消しました。これによりリソース不足によるエラーの頻度が少なくなりました。
    一般には非常に理解されにくいバグですが、リソース不足は例えばExcel等でも発生します。Excel 2010 で表示される “リソース不足のため、このタスクを完了することができません” エラー。このようなリソース不足になる頻度をかなりの程度減らしました。このエラーが発生した時には、エラーログに以下のような記録がされます。

    org.eclipse.swt.SWTError: No more handles
    at org.eclipse.swt.SWT.null error(null)(SWT.java)

  • 名簿タブ>地域分類機能において編集ができないバグを修正しました。V1では正常でした。これはV2初期からのバグです。
  • 商品インポートにおいて、複数の読込設定があるとき、デフォルトとして常に最初のものが選択されてしまう点を解消しました。前回選択した読込設定がデフォルトになります。

R2.19.09.28

R2.19.09.24の改良に伴い発生したバグを修正しました。商品検索にて「一件も合致しない条件」を入力すると、エラーが発生して端末が落ちてしまうというものです。

R2.19.09.24

  • 廃止商品機能を追加し、商品抽出画面を改良しました。廃止商品機能と商品抽出画面の改良についてを参照してください。
  • 入金履歴の主画面で顧客指定しない場合に、「入金」画面で顧客を指定しても、実際には顧客が指定されておらず、その後の簡易、詳細、保留処理で顧客を再度指定する必要があるバグを修正しました。

R2.19.09.21

  • レジスター画面に商品の税種別表示を行いました。税無(–)、標準(●)、軽減(▲)のマークが表示されます。(
  • レジスター画面を開いた時に最大化されていないバグ、右上の「拡張」などの文字の大きいボタンのサイズがおかしい点を修正しました。
  • R2.19.05.25バージョンでマイナス値での販売を禁止しましたが、これではレシート無しの返品ができないため、マイナス値販売を許すようにしました。(
  • 商品タブ>商品抽出画面において、JANコード有無条件を追加しました。これにより、JANコード指定ある商品のみ、あるいは指定無い商品のみを抽出することができます。
  • 特にFirebird2.1をお使いの場合、漢字を含むパスにおいてデータベース生成・読み書きできない点をサーバ起動時のメッセージで通知することにしました。例えば「C:\users\漢字太郎\shouhinstaff」といったパスでは使用できない旨通知されます。Firebird2.5では問題ありません。

マークの機能は、不要なユーザ様へ配慮し、今後のバージョンにて「管理者による有効化・無効化の選択」を可能にする予定です。現在は有効な状態になっています)

R2.19.09.20

  • 税区分ごとの合計金額レシート印字に対応しました。税区分ごとの合計金額レシート印字に対応しましたを参照してください。
  • 外税設定顧客へのレジ販売時にエラーが発生する問題を解消しました(外税販売機能は正式サポート対象機能ではなく、動作保証もできません。ご注意ください)。
  • レジ販売時にドロワオープン命令が二度出てしまう問題を解消しました。
  • 商品編集画面の価格情報タブにて、間違い無きよう「「込」価格は、価格履歴の「日付」に関わらず、今日現在の税率で表示されます」を赤字で表示するようにしました。
    ※税率変更に伴い、商品編集にて税込売価変更をされている方は、税率引き上げに伴い税込売価を変更される方へをご確認ください。
  • 設定タブ>商品ラベル等で、ラベル設計設定コードに間違いのあった場合にエラーになる問題を解消しました。

R2.19.07.28

  • 商品インポート時に分類1以外が無視されるバグ(分類2以降の指定が無視される)を修正しました。
  • 商品インポートの更新時に税率が無視されるバグを修正しました。なお、マニュアルには未記載ですが、税率の値としては「0=税無、1=標準、2=軽減」を指定します。
  • 「現金仕入」時に商品の入力を行っても税額が自動計算されないバグを修正しました。

R2.19.06.17

  • 新規にデータベースを作成する場合の消費税率初期値を8%としました。
  • heartBeatInterval及びheartBeatTimeoutのデフォルト値を共に0としました。

特に後者についてですが、以前はこの値が60(秒)、180(秒)でしたが、この場合には一台のパソコン(サーバ・端末兼用)で使われている方がパソコンをスリープ状態にした場合に問題が発生することがありました。今回、そのようなケースでも問題が発生しないように変更しました。複数パソコンで接続している場合であっても、特にこの値を設定する必要はありません。

R2.19.06.11

主にサーバをLinux上で動作させる場合の不具合の対応です(商品スタッフIIのサーバ機能のみLinux上での実行が可能です)。

  • Linux上でFirebirdコマンドが特定できない場合のメッセージを「Unique installation of firebird not found, specify gbakPath or nbackupPath」としました。
  • 重複したjarライブラリファイルによるLinux上での動作不具合に対処しました。

レジスター>レジ集計履歴において明日以降の日付を指定した場合に、日付を強制的に本日に設定するようにしました。

R2.19.05.25

特殊なケースとして、何らかの割引の結果に粗利額がちょうど0になった場合に負値の粗利額となり、粗利率が巨大な数値になるバグを修正しました。

また、レジでの販売総額がマイナス値の場合の販売を禁止しました。(R2.19.09.21にて禁止を解除しています)

 

これ以前のベータリリース(2019/1/28~4/29)の更新履歴はこちらです。